あなたのやる気スイッチ入ってますか?

やる気に!!

オン・オフが使いわけできない

【 2014/06/17 】

しなければいけないことがあるのになんとなくやる気が起きないという経験を持つ方は少なくないでしょう。 テストの前や締め切りのある仕事などは特にそういうことが起こりがちです。 そんな時、自分のどこかにあるやる気スイッチを自由にオン・オフ出来たらいいのにと考えたことはありませんか? 実はこのやる気スイッチを自在に操る方法があります。 その方法は、やる気が起きなくても少しだけ手を付けてみるという誰でもできるごくごく単純な方法です。 人間の脳は体の動きと連動して動くもので、どちらが先に動くのかはあまり関係がありません。 つまり、気持ち的にやる気が起きていなくても体が動いていれば、次第に気持ちも動き始めるのです。 分かりやすい例としては掃除などがあります。 掃除を始める時には面倒だなと思っていても、いざ始めてしまうと隅々まで綺麗にしてしまったということはありませんか。 このように最初の一歩さえ踏み出してしまえばあとからやる気がついてくることは多々あります。それこそがやる気スイッチのオン・オフ方法といえるのです。

やる気はスイッチいらないよ

【 2014/06/17 】

ごく普通に生活されていれば、やる気を出さなければならない場面というのは、たくさんあるのでしょう。また、やる気というのはその本人の気次第となりますので、他の人が気を操ることは難しい事が現状なのです。 それでは、やる気スイッチを相手に入れさせる方法とは一体、どうしたら良いのでしょうか?それは、飴と鞭の飴の部分なのです。誰でも、褒められたり感謝されたりされると喜ばない人はいないのです。こういった気持ちをよくしてあげる事で、相手へのやる気スイッチをオンにさせる事が可能となるわけなのです。 しかし、飴と鞭も飴ばかり与えていては調子に乗ったり天狗になってしまったりしますので、そこは上手な使い分けが必要となってくるのでしょう。 ですから、よく普段から耳にされる事でオンオフをしっかりしてメリハリをつけろと聞いた事があると思いますが、まさにそのとおりなのです。遊びや仕事、集中する場面においてはやる気スイッチや遊びスイッチのメリハリをはっきりできる事が1番なのでしょう。

CMで見て探してみたよね

【 2014/06/17 】

あなたのやる気スイッチは入っているのでしょうか?やる気スイッチという言葉をCMで見てから、インターネットで探してみると、やる気スイッチは自分で見つけるべきだと書かれていました。やる気とは、内部から湧きあがってくる動機づけのことなのです。分かりやすく説明すると、内部から湧きあがってくるというのは、やる気が自然と湧きあがってくるという意味ではなく、やる気は他人が強制することはできないという意味なのです。さらに、やる気を起こすために必要なことは、行動に移すということなのです。やる気から行動が起こるのではなく、行動からやる気が起こるのです。何かを始めるための動機づけを自分の内部から、続けるための強制力を外部からもってきて、両者を組み合わせるのです。こうすることで、物事はうまくいくのです。また、やる気スイッチとなるものは、普段からすぐに押せるような手軽で簡単なものが向いています。そうでなければ、滅多にやる気を起こすことができなくなってしまうからです。

Motivation Menu

↑ PAGE TOP